初期費用について

初期費用は数か月分の賃料と考えておく

賃貸マンションで部屋を借りるときには、大家に対して敷金と礼金を支払わなくてはいけません。 これらの費用は、入居する最初の段階で支払っておけば良いもので後から別途要求されることはありません。 相場は賃料の数か月分とある程度わかっているため、初期費用として準備しておくことが大切です。 敷金や礼金にはきちんとした意味が存在し、それ以外の目的で利用することは原則として許されていません。 特に、賃貸マンションの敷金に関しては厳格な考え方があるため不動産会社であっても勝手に扱うことは出来ないということを知っておきましょう。 敷金は、部屋の原状回復という意味合いがある担保であるためこの目的以外には基本的に利用できないのです。

敷金と礼金の法律的な違い

敷金と礼金は同じ時期に大家に対して支払うものですが、意味は全く異なります。 賃貸マンションであってもお金を支払うことになりますが、実際に敷金と礼金を支払うときにはきちんと意味を理解しておかなくてはいけません。 敷金は、担保として預けるため必ず後で返還してもらうことができるお金ですが礼金は昔から存在する慣習のようなものです。 そもそも、礼金に関しては昔から現在に至るまでそれを明記した法律が存在しません。 つまり、法律的に大家に対して支払う義務が存在しないものです。 それにも関わらず支払わなくてはいけないのは、歴史的に賃貸マンションを貸すときにはそのようなお金を支払っていたからです。 ただそれだけの理由で支払うことになるため、根本的に敷金と礼金は意味が異なることを知っておく必要があるのです。