賃貸のあり方

賃貸マンションとアパート

賃貸マンションとアパートは同じ賃貸物件ではありますが、違うところといえば、賃貸マンションは鉄筋コンクリートで建築、アパートは軽量鉄骨、木造と余り階数を高くは出来ないし構造であります。しかしながら、以前から、居住者の住む拠点として、所有者はそれぞれ地域実情を考慮し、その場にあった物件を建築し、同じ環境の中で、切磋琢磨してきたと思います。また、それぞれ、その時代に沿った新築物件にも負けまいと工夫をしながら、より良い賃貸マンション、アパートを目指して今日まで経営を行ってき、また維持管理をしてきたと思います。立地条件通い賃貸マンション、アパートはある程度の条件さえ整えれば、居住者が途切れることはないので、それ以外の賃貸マンション賃貸マンションなどは他の面で工夫し、共存している状況であると考えられます。

賃貸マンション、アパートはこれからも、なくなることはまずないでしょう。需要と供給が有る限りは。しかし、現実は賃貸マンションやアパートは空き部屋が見られるケースがあります。これはなぜなのかと疑問に思い、考えますと、需要と供給のバランスが崩れかけているからだと考えます。近年、賃貸物件があって当たり前の時代のなか、賃貸物件が多数建築されるなか、既存の賃貸マンション経営者の経営方針が影響し、改善をあまり行わなかった時は、人気が下がり、空き部屋が増えると言うケースもありますが、全体的に、居住を求める側の要求も以前よりなかなり高く、ついていけない賃貸物件は中にはあると思います。需要と供給のバランス、経営者の考えの変貌これらの改善が必要と思います。